投稿者「JAPAN VALUATION LLP」のアーカイブ

金額か比率か?-家計版ポートフォリオインシュアランス

投資を行うに当たって、100万円だけといった一定の金額をあらかじめ定めて投資する場合と、毎年の初めの資金残高のうち20%だけというように一定の比率を定めて投資する場合がある。一般的には、きっちりと決まった金額だけ、あるい … 続きを読む

カテゴリー: キャッシュフロー | コメントする

破綻回避という視点から見た分散投資の重要性

「リスクはリターンを獲得するためのコストである」と言われる。すなわち、投資において高いリターンを得るためには高いリスクを取る必要がある。一般的に、運用資産を分散化させることでリターンを維持しながらリスクを低くすることが可 … 続きを読む

カテゴリー: キャッシュフロー | コメントする

投資開始の判断におけるキャッシュフロー作成の重要性

株式等への投資は、企業等が生み出す付加価値の一部を資金的なリスクを負うことで獲得していく行為である。また、投資を行うことで預金金利を上回るリターンを期待的に目指すことが可能となる。ここで、個人がリスクの高い資産をどの程度 … 続きを読む

カテゴリー: キャッシュフロー | コメントする

資金残高の改善における階段式の見直し基準額のすすめ

ファイナンシャルプランナーがキャッシュフローを作成するにあたっては、支出と収入の収支から将来に渡っての資金残高 の推移を作成し、マイナスの時期がある場合は具体的な改善策を考える。このとき、一般的に将来の資金残高を、ゼロ以 … 続きを読む

カテゴリー: キャッシュフロー | コメントする

消費税率上昇を想定したキャッシュフロー作成のすすめ

政府の財政再建が叫ばれる中で、政府は高成長の実現によって税収を増やす「上げ潮戦略」を基本方針としている。しかし、今後の景気減速に伴う税収減や金利上昇、社会保障費の増大などによって、政府は消費税率を上げていく可能性がある。 … 続きを読む

カテゴリー: キャッシュフロー | コメントする

今後の収入と支出の関係

「家計のメカニズム」で、簡単な収入と支出の関係をイメージされたと思いますが、では、今後の会社員の収入と支出の関係はどのようになるのでしょうか。 図表1は今後予想される収入と支出の関係を示したものです。収入の上昇率はやや低 … 続きを読む

カテゴリー: キャッシュフロー | コメントする

家計のメカニズム

図表1、図表2は家計のメカニズムを簡単にイメージできるように示したものです。(ここで、収入は税金、社会保険料などを除いた実際に使用できる部分である可処分所得、支出は消費税なども含んだものと考えて下さい。) 図表1は収入も … 続きを読む

カテゴリー: キャッシュフロー | コメントする

家計の改善策

家計の改善策は以下の3つに大きく分類されます。 ①収入を増やす ②支出を減らす ③投資で増やす 順序は逆になりますが、まず、③の投資から考えてみます。株式等への投資は、企業などが生み出す付加価値の一部を資金的なリスクを負 … 続きを読む

カテゴリー: キャッシュフロー | コメントする