家計のメカニズム

図表1、図表2は家計のメカニズムを簡単にイメージできるように示したものです。(ここで、収入は税金、社会保険料などを除いた実際に使用できる部分である可処分所得、支出は消費税なども含んだものと考えて下さい。)

図表1は収入も支出も大きく変動していますが、常に収入が支出を上回っています。この場合、家計が破綻することはありません。収入が減少してもそれに応じて支出を減らすことができれば、家計の破綻は起こりえないことを表しています。しかし、現実には最低限必要な固定的な費用があるため、図表2のように収入が減ったからといって支出はそれほど減少せず、支出の下げ幅には限界があると考えられます。図表2で支出が収入を上回っている部分では手元の資金を食いつぶしながら生活をしていることを意味します。そして、万が一手元の資金がなくなると家計の破綻が起こります。

図表1 収入と支出の関係(収入が支出を常に上回る)

図表2 収入と支出の関係(収入が支出を下回る時期あり)

 

次に、図表3は高度成長時代の会社員の収入と支出を表したものです。子供の教育費などの増加で年齢と共に支出は増えますが、年功序列、終身雇用により収入も安定して増加します。これは、支出の増加に合わせて収入も増えるので、家計が安定していたことを表しています。ただし、年功序列、終身雇用という給与の後払い的な慣習は高度成長が前提と考えられるため、今後はこのこのような収入のパターンはあまり期待できないと考えられます。

図表3 収入と支出の関係(高度成長時代)

 

図表4は成功者と言われる人でも破綻してしまうことがある場合の例を示したものです。初めのうちは収入が勢いよく伸びていきます。このときは、やはり気前もよくなり、また、価値を与えたり受けたりというエンジンがフル稼働した状態なので、出費も増えることが多いようです。しかし、ずっと成功が維持できない場合は収入は普通の水準へ戻っていきます。ところで、一旦生活水準を上げてしまうと元に戻すのは難しいなどと言われることがあるように、収入が下がってきても、支出は継続して行ってしまうことが多いようです。例えば、住宅ローンで月々の支払いが多額な場合などは減らしたくても減らすことができません。結果的に支出が収入を大きく上回る時期が続いて家計が破綻してしまうのです。

図表4 収入と支出の関係(成功者でも破綻してしまう場合)

 

カテゴリー: キャッシュフロー パーマリンク